1. HOME
  2. ブログ
  3. わたしらしい生き方
  4. まるこそだて vol.4/12回

まるこそだて vol.4/12回

<あらすじ>
発達検査で、発達に半年ほど遅れがあると言われた長男は療育に通い始めた。
2歳を過ぎ、初めて「おかあしゃん」と呼んでくれたことにとっても嬉しかった私。
そんな中、私は次男の出産を控えていた。

まるこそだて vol.3/12回

長男が2歳4ヶ月を迎える頃、私は次男を出産した。
出産予定日から2週間も早いお産だったので、
自分の出産と向き合う傍ら、長男はいきなり私と数日間離れて過ごすことに、大丈夫だろうかと不安でもあった。

でも、そんな心配をよそに、次男の産後5日ほど入院している間、長男は普段と変わりなく、夫と仲良く過ごしてくれているようだった。
お見舞いに来てくれる時も、笑顔で会いに来てくれて、正直ホッとしていた。
この調子やと、赤ちゃん返りも、なさそうだなと呑気に構えていた。
でも、それは見事に打ち砕かれることとなる(笑)

次男と退院して間もなく、せっかく「おかあしゃん」と呼んでくれていた長男は、さっぱり私のことを呼んではくれなくなった。
赤ちゃんのお世話に終始追われている私を、避けているようにも思えた。
その代わりといってはなんだが、夫からひと時も離れず「おとうしゃん」と何度も何度も呼び、家にいる間は片時も夫から離れず、夜は1日に何度か夜泣きをした。
夜泣きはあまりなかった長男なだけに、とても驚いたのと、まだ幼いながらも、自分の気持ちを言葉に出せず、行動で一生懸命気持ちを現す長男をみて、とてももどかしかった。
ずっと次男を抱っこする私に、お父さんまで取られてしまうのではないかという不安や、家に赤ちゃんがやって来たことへの戸惑い。
私も同じだった。
もっと長男にかまってやりたいし、思いっきり甘えさせてやりたい。
でも正直、そんな余裕も時間もなかった。
長男の我慢がいっぱいになって、私のもどかしさも溢れてしまったある時、長男を抱いて2人でワンワンと泣いた。

大丈夫。お母さんはどこにも行かへんし、何も変わらへん。

そんな気持ちで泣いた。
泣き疲れた長男は、少し安心した顔をしていた。
そのあと、久しぶりに2人で顔を合わせて笑った気がした。
こういう時間もきちんととっていこう。

そんな日々の中でも笑顔も同じくらい増えていった。
次男が生まれて嬉しかったことは、長男は赤ちゃん返りはしても、次男を叩いたりするようなことが一切なかったことだ。
次男が寝ているところに、ふざけて走って抱きつきにいくことはあったけれど、そこには次男に強く当たらないような、長男なりの配慮があった。
小さな、小さな赤ちゃんへの配慮。
とっても驚いたのは、言葉が遅い長男が、次男をあっという間に「あっちゃん(赤ちゃん)」と呼んでくれたこと。
長男は、感情を出すのが苦手と思っていたけれど、でも次男への優しさは思いっきり溢れていた。

そんな怒涛の日々の中、長男の赤ちゃん返りは1ヶ月ほどで落ち着いた。
そして次男が生まれて3ヶ月経つ頃には、やっと家族の生活のリズムもつかめてきたように思う。
といっても、2人育児になれない私は、子ども5人分くらい生活が大変になった気がしていたので、毎日目が回りそうな日々を送っていた。

「2人目は、ほっといても寝るよ〜」
という、どこから得たのかわからない情報を信じていた私は、寝るのが下手な次男に苦戦した。
2人目やからもっと上手く育児できると思っていた安直な考えは、見事に砕かれ、
育児は1人目か、2人目かとかじゃないなと確信し、夜中は白目をむきながら、次男を寝かしつけていた。

よく、発達に凸凹がある赤ちゃんは育てにくいという情報を聞く。
我が家の場合、長男が赤ちゃんの時の方が、断然育てやすかったような気がする。
どこにいてもスヤスヤ眠り、おとなしく、1歳前には幼児番組とプラレールに釘付けで、1人遊びの天才だった長男。
寝るまでの時間が長く、寝てもすぐ目を覚まし、1歳になるまでには、歩行器を乗り回して、やんちゃの兆しをみせていた次男。
人間が十人十色なように、赤ちゃんや幼児も誰一人おんなじように育つ子どもはいない。
子育てをする中で、いろんな子どもに出会い、また次男を授かったことで、私の視野が少し広がったような気がする。

そうこうしている間に、長男の幼稚園選びの時期に突入していく。
私は次男を抱っこ紐に入れつつ、いくつか幼稚園見学にいくことになった。

<つづく>

Profile
まるこ
ライター

京都市内で5歳、3歳の男子の子育て中。
福祉の仕事に従事し、福祉のことを発信するためラジオやイベントを通してライフデザインクリエイターとして活動。
また、京都の街でママもこどもが幸せに楽しく子育てできる場を作るMaManKYOTO運営メンバーでもある。

Profile
心花kohana
イラストレーター | Website

40代主婦、絵も描きます。 発達障害当事者(ASD)があり二次障害の統合失調症があります。
発達障がい専門誌きらり。の表紙や、挿絵を担当した経験があり、他数冊の表紙絵や挿絵を担当したことがある。
ギャラリーで色鉛筆作品など絵画作品展示にも参加している。

関連記事